子供にいただくお祝い

子供のお祝いにはお返し(内祝い)は不要とされていますが、
いただいてばかりでは申し訳ないという人も増えていて、カタログギフトを選ぶ
お父さんお母さんも増えてきたようです。

子供のお祝いといえば、初節句や七五三、入学や進学、卒業のお祝いなどがあります。

子供の成長のお祝いは何度も繰り返されることが望ましいので、水引は蝶結びを使います。

いただいた子供が字の書ける年齢であれば、子供自身にお礼を書かせてみましょう。

カタログギフトなら好きな品物を選んでもらうこともできますし、
お返しが不要といわれているお祝いであっても、本当に喜んでもらうことができるはずです。

「カタログギフト割引」でネット検索するとたくさんのショップがありますね。

それぞれ特徴があって面白いですが迷いますよね。

たとえば楽天では「カタログギフト割引の木村陶器」が

ユニークなサービスをしているようです。

 

Leave a Reply